ベストセレクション

 
 指導書 

これから始めようとする人には下の二冊がお薦め。どちらも版画の基本や木版画の制作過程のみならず、材料・道具に関しても詳しく説明されています。 とりあえず一冊だけ欲しいなと思っている方に。 

「木版画ノート」は具象的・オーソドックスな版画が好きな方・目指したいなと思っている方向きで、四人の具象の作家の制作過程を紹介しています。

「はがき木版画」は写真解説も多く、小作品(はがき大)を作例に挙げているので分かりやすい内容です。

 

「木版画ノート」

視覚デザイン研

¥2160

「はがき木版画」

林 和一 著

販売終了

 バレン 

絵具をのせた版木に紙を乗せ、上から圧力を加える道具。初心者の方は、バレンにはとかく無頓着。 どんなばれんを使ってもさほど労力や出来栄えに差がないと思いがちです。 しかし、それは大きな間違い。作品が上手く摺れずに悩んでいる人の多くが、バレンを取り替えることで悩みを解消できてている事実をみても、良い摺りには、良いバレンというか、貴方と相性の良いバレンが不可決といえるでしょう。

 

  甲芯ばれん ¥3,402〜¥6,318

ディスクバレン ¥2,430

強く編まれた合成繊維の芯。安価でもかなり力強い摺りができます。

面倒な竹の皮の包み替え必要がありません。

 

創作バレン  スミ版用・ベタ版用      定価:¥4,752(割引有)  

プラバレン¥518(割引有)

甲芯ばれん同様、安価な割にはしっかりした作りの為、摺り味が良好です。                        ベタ版用 スミ版用の2種あり

とにかく買って損は無い価格

彫刻刀

ウッディ彫刻刀 5本組¥2,052〜(割引有)

パワーグリップ木彫刀7本組     ¥3,024

よしはるGX ¥1,846

木版画に力を入れている社が、初心者・学生向きに作った彫刻刀セット。 カーブのついた柄が特徴。力を込めやすくできています。 柄がゴム系でできているため、グリップ感が良好。デザインも新感覚の彫刻刀。
 

清水刃物 赤箱セット 5本組¥4,320〜 ハイス版画刀7本組セット 定価¥22,356 (割引有)   清水専門家用6本組セット    ¥17,431
平凡にみえますが、刃の部分は高級な鋼を使用。 版画を続ける自信のある人には最初から良いものをお薦めします。近代鋼を使用。 プロがもっとも愛用しているのがこれ。近代鋼よりも軟らかいので研ぎ良い。

 

刷毛と ブラシ

版木の上で絵の具を乗せ、それを均一に薄くのばすのが刷毛の役目です。大事なのは、腰が強いことと毛先が程良く柔らかいこと。そして、作業中に毛が抜けにくいことも大事。 管理が少しでも悪いと、毛が抜けてしまいますのでご注意下さい。

 創作ハケ・ブラシ¥648〜 刷り込み刷毛9mm¥394〜
木版画用具作りに熱心な道刃物工業叶サ。低価格で使いやすい木版画専用の刷毛。 実は染色などで数多く使用されている刷毛。硬めの夏毛(鹿毛)と軟らかめの冬毛(馬毛)の二種類あり。

 

版木(はんぎ)

 版木の扱い易さからいってベニヤが一番です。版画用シナベニヤ  gBの6ミリ厚が一番ポピュラーです。バラ出しも可能です。6ミリ厚では片面のみを使うのが一般的ですが、いざとなったら裏面も使えます。ご予算がない場合は、市販のシナベニヤもよろしいかと思います。

絵の具

  水性絵具(水で薄められる絵具)を使用するのが一般的で簡単です。絵具を厚めに紙に乗せたい方はポスターカラーやガッシュ(不透明水彩絵具)、浮世絵のように水で薄めに溶いて乗せたい方は、透明水彩絵具が良いと思います。各メーカーの「版画絵具」は版画向きに作られていますが、最適というわけではなく、むしろ初心者向きです。油性絵具の場合は、版画専用の油性絵具を使うか、油絵具を油抜きした後(さらにメディウムを加えたりして)腰を強くして使います。

刷り紙

 版木と絵具がなじむまで練習用の紙(試し紙)を使って下さい。ある程度納得のいく刷りができましたら薄手か中薄手の和紙で挑戦してみてください。和紙の微妙な色合いや肌合いが、作品の色に深みを与えてくれます。

砥石

当社の砥石セットは、荒い砥石から中砥石、仕上げ砥石まで揃っていて便利で割安。

 

 

 

書 籍

 

 

 

「現代木版画技法」では、色々とかわった技法の説明が数多く載っています。

刷る紙の選択に悩んでいる方は、「和紙の手帖」を読んで、和紙の基礎知識をふやして参考にして下さい。当社の見本帳を見る上での手助けにもなります。

「現代木版画技法」

¥2,571

吹田文明 著

「和紙の手帖」

増刷予定

 全国手すき和紙  連合会著

「和紙の手帖2」

 全国手すき和紙  連合会 著

 

バレン

経験者のあなたには、バレンの良し悪しが作品に出来栄えに大きな影響があることを知っているはずです。

むらさきバレンは、どれも評判が良く品切状態になりやすい商品です。

ご予算に余裕のある人(というか、度胸のある人)には本ばれんを購入をお薦めします。

   

     むらさきばれん¥9180〜\20520  

   太芯・中芯・細芯  各種有り (直径11cm・12cm・13cm)

手作りで強く編まれた紫色合成繊維の芯。かなり力強い摺りができます。

 

スーパーむらさきバレン \19,440  

ソフトむらさきバレン細芯¥18,360

 広い面積のベタ刷りに最適 デリケートな刷りをしたい時に最適
 

本ばれん八ッコ中芯 ¥73,710 本ばれん八ッコ太芯¥70,200
「一つだけ思い切って買ってみようかな。」と思う人にはこれをお薦め。 本ばれんの凄さを、ベタ刷りで実感したい人向き。次は細芯を。
 

 ベアリングバレン 販売停止中  ころころばれん ¥17,058
ベアリングの転がしで強い圧力を発揮します。どちらかというと,厚手,中厚の紙に適しています。 ベアリングの転がしで強い圧力を発揮します。どちらかというと薄手、中厚の紙に適しています。

 

彫刻刀 

 

 

 

版画専用として作られた柄の短い版画刀には、清水製と道刃物製とがあります。

柄の長い彫刻刀よりも切り回しが楽であるだけではありません。口金をはずして分解することで、刃先を伸ばすことができます。研ぎに慣れた方には、特にお薦めです。

清水専門家用版画刀 ¥2,592〜

清水極上版画刀 ¥3,391〜

プロがもっとも愛用しているのがこれ。昔から実績がある版画刀。 三角刀以外は,左よりもさらに上質のハガネを使用しています。
 

信吉 彫刻刀 ¥2,073〜 道刃物 ハイス版画刀      ¥3,132〜(割引有)
柄は長くて彫刻向けですが、刃自体はきっちり手間をかけて作られた、手作り高級品です。 普通鋼よりも固めの近代鋼。合板に威力を発揮します。

 

刷毛とブラシ

 

鮫皮を使って丁寧に毛下ろししたもの。

値段が高いこのクラスの手刷毛やブラシでも、管理が少しでも悪いと、毛が抜けてしまうのは一緒です。ご注意下さい。

 

 専門家用手刷毛      ¥1,609〜           

 専門家用丸刷毛 (ブラシ)   ¥2,192〜
大きさは、全部で7種類。毛は馬の尾毛を選りすぐったもの。 大きさは、全部で10種類。毛は馬の尾毛を選りすぐったもの。

 

版木(はんぎ)

 経験を積むようになると、大きな作品の制作を手がけるようになります。・・・となるとやはりシナベニヤが一般的です。版画用シナベニヤ  gBの6ミリ厚が普通といえますが、、9ミリを使われる方も少なくありません

少々贅沢ですが、細かい彫りをしなければならない主版の版木一枚だけを、朴または桂の挽き板ベニヤにする方もいます。

絵の具

  浮世絵のような透明感のある色をだしたいのであれば、ホルベインの専門家用透明水彩絵具、色自体の発色を大事にした、普通の感じに仕上げたいのであれば、有名メーカーの不透明水彩絵具(ガッシュやデザイナーズカラー)がお薦めです。アクリル絵の具はいけません。

通常のポスターカラーは、安価なだけにガッシュより劣る場合が多く,後に変色することもあります。(ただし、ローラン社のポスターカラーは例外。)

刷り紙

 経験が増し、色の重ねも多くなると、厚い紙が必要となります。

 

 

 

   

バレン

軽さ、摺り心地、圧の強さ。

なんと言っても本職の作った本ばれんは,最高です。 

 

本ばれん  ¥70,200〜

特大サイズや特注の芯なども承ります。

 

 鮫 皮

 

 

 

刷毛・ブラシの毛先を下ろす為の鮫皮は、二種類取り揃えていますが、入荷状況は,非常に悪くなっています。

 

  ---販売停止中---

 

 カスザメ 小型 在庫無し  コロザメ 中型 在庫無し
比較的小型で背のトゲが強一段高くなっている) カスザメより大きめで、トゲもカスザメより荒目。しかし、背のトゲが大きく突き出ていないので、背の中心部は広く毛下ろしが可能。

 

版木(はんぎ)

 プロ・上級者の方でも、“創作木版画”系の方は、版画用シナベニヤ(9ミリ厚)の需要が多いのですが、“伝統木版画”系の方々、つまり,浮世絵の時代からの伝統をふまえた制作をされている方々には、桜挽き板ベニヤ が良く売れています。今は希少なヤマザクラ。彫る時は硬いのですが、ばれん圧、摺る枚数による版木の磨耗が少ないだけでなく、緻密な彫りに大変適しています。

絵の具

 水干絵具を61色、雲母,及び雲母系パール粉末4色を取り揃え、低価格にて販売しています。

刷り紙

カタログには載せていませんが、岩野市兵衛氏の生漉奉書(三沢氏によるドーサ済)が在庫有り。菊判(936ミリ×636ミリ)、薄手の紙。価格はお問い合わせ下さい。

「生漉奉書は一度どんなものか試してみたいが、ドーサがちょっと・・・」という、初,中級者の方もご利用下さい。

砥石

カタログには載せていませんが,京都、正本山マルカの仕上げ砥石も在庫しています。


HOMEへ戻る